薬学生の方へ

|

薬学生のサポートとして様々な実習を行なっています。

インフォームドコンセント・・・納得のいく治療。
従来の(お医者様に見ていただく)という、おまかせ医療は姿を消しつつあります。
今、どんな薬剤師を めざせばよいのでしょう。

お薬の投薬の際には、当社の薬剤師が患者さまにわかるように詳しくお薬の説明をいたします。薬剤情報の提供はもちろん、服用状況・生活習慣情報などを確認しながら、正しいお薬の飲み方を指導いたします。

私たちは患者さまと薬剤師との間の信頼関係を築き、患者さんの立場に立ち、患者さんを取り巻く色々な困難を防ぎ、患者さんのパートナーとなるように、共同の営みとして医療に取り組んできました。
あなたもそんな薬剤師を目指してみませんか?

まずは人間としての大きな成長・・・それがかなえられる職場だと思います。

コース・実施場所

熊本県民医連の病院・薬局ではいろいろな実習を準備しています。是非参加してみませんか?

対象者 薬学生・医学生
実施期間 春・夏
コース 実施場所
病院保険調剤薬局 くわみず病院・ひまわり薬局
心の医療菊陽病院・たんぽぽ薬局
医療と公害水俣協立病院・さくら薬局
保険薬局ひまわり薬局
|

薬剤師研修制度概要

初期研修

卒後1〜2年目までを対象とします。

−獲得目標−

●1年目

  1. 保険薬局の基本的な知識、技術を習得する。
  2. 民医連医療の基本的な考え方を学び、体験する。
  3. 診療圏域での医療連携を深め、医療スタッフの一員として患者の立場で考える視点を養う。
  4. 慢性疾患管理グループなどに加わり薬物療法を深める。
  5. 後半には一人勤務が出来るようになる。

●2年目

  1. 日常業務を中心的に実施でき、日常業務について新卒薬剤師の指導が出来る。
  2. 在宅医療や慢性疾患管理グループで薬剤師として役割を発揮出来る。
  3. 業務改善の提案や行事の企画、方針などを作れるようになる。
  4. 医療と薬を社会的側面から把握し、理解と実践が出来る。

中期研修

卒後3〜5年目までを対象とします。

−獲得目標−

●3年目

  1. 日常業務の中核となりチーム運営が出来る。
  2. 他科研修を経て薬物療法をさらに深く理解し、病気を「生活と労働の場から捉えることが出来るようになる。」

病院..........:クリニック及び他科研修

保険薬局......:病院研修

●4年目

  1. 異動を考慮する。
  2. 一人立ちを目標に、管理業務に取り組む
  3. 他県連研修も考慮する。

●5年目

  1. ケアマネージャーの資格取得
|