スタッフの声

|

ピッカピカ!?の一年生

[更新日] 2009-04-28

4月からくすの木に異動した江藤です。我が家の長女が小学校に入学しました。引っ越したばかりで、誰も知らない学校に行くのは不安だろうと心配していましたが、何とかすぐにお友達も出来て学校にも慣れてくれました。毎日初々しく黄色の帽子を被って、体より大きいランドセルを背負って元気に家を出て行きます。従姉と手をつないで歩いて行く後姿は、新鮮で本当に“ピカピカの一年生”眩いばかりに輝いています。子どもの足で40分くらいかかりますが、今のところ苦ではないようです。迎えの車の中では、その日あったことを楽しそうに話してくれます。家に着く頃にはさすがに疲れて眠ってしまいますが、唯一娘と二人でゆっくり話せる道中が私の安らぎの一時です。私もくすの木一年生。黄色の帽子は被れませんが、初々しさ(初心)を忘れずに、子どもに負けずに成長していきたいと思います。

戻る

|