スタッフの声

|

テニス肘?

[更新日] 2010-12-14

3週間前、入浴中に、湯桶でお湯を汲もうとして、右腕に激痛が走りました。お湯が汲み上げられなくて、愕然としました。モーラステープを貼ってようすを見ていたのですが、一向に良くならず、整形外科を受診したところ、「テニス肘ですね」の一言。「私はテニスも何もしてないですけど」と言ったら、日常生活でもなるとのことです。でも、それって結局のところ、老化現象という事ですかね。先生はそこまでは言われませんでしたが。これからは、老化防止の筋トレをしないといけないのかも。今だに、モーラステープのお世話になっています。

ところで、熊本市は10月から、プラごみの分別回収が始まりました。せっせと分別しています。おかげで、燃えるごみは、ずいぶん減りました。でも、こんなにプラごみが多いとは思いませんでした。 プラごみの汚れたものは、茶碗洗いのため水で洗っています。1週間で、ごみ小袋の3・4個分くらい溜まります。段々、どうしてこんなにプラごみが多いのかと疑問が沸いてきました。このような形で分別回収する事も大事ですが、元からなくす工夫を、製造元、小売業者、消費者も一緒に考えていく必要があるのではと思う毎日です。

2010年12月14日 : 本社 鳴海 真弓

戻る

|