スタッフの声

|

父と、母とハサミ。

[更新日] 2011-10-14

先日、用事があって玉名にある実家に帰ると、美容室を営む父が、その技術でクセ毛の頑固な雑種の愛犬をプードル並みの高級犬に大変身させていました。

浦田家の犬は季節の変わり目ごとに父の手で変貌を遂げます。夏毛が抜けたころのカットとシャンプーは最早恒例行事となっております。

言うまでもないことですが、父のおかげで浦田家は犬のトリミング代金はおろか、人間の髪にもお金がかかりません。実に経済的です(笑)。

幼いころは両親が美容室を営むから土日に遊びに連れて行ってもらえないなどと不満に思うばかりでしたが、なぜか最近になって、美容師の仕事は家族の大事な思い出と常に一緒にあるという意味でとても羨ましい仕事だと、なぜか最近になって気づきました。

残業がない仕事なので、親子一緒にいられる時間もそれだけ長くなるし、自由な商売とはいえ売り上げやお客さんとのやり取りのことでストレスも多そう…こんな風に考えるようになったのは、自分も学生からお給料をもらう立場になったので親を見る目が変わったということでしょうか?

「大人になっても絶対美容師さんにはならない!!」と公言していた自分が親の仕事に素直に感謝するとは…自分でも不思議です。

戻る

|