スタッフの声

|

被災地支援

[更新日] 2012-07-23

写真1

♦龍田水害被災地支援♦

7.12豪雨により被災された方へお見舞い申し上げます。

ファルマからは勤務体制上数名ずつですが龍田へ1日2名程度の支援を行っています。

龍田陣内地区ではほどんどの方が避難しているなか浸水した家屋の倒壊作業、家の中の物を高いところへ運ぶ作業など汚泥処理等が終わった後の細かな作業のお手伝いをさせていただきました。

被害のあった地区を一周してみましたが、河川が大きくカーブしている箇所が堤防と河川との距離が一番近くなっていてここから水がきて土砂が流れて……

と、見ただけではっきりわかるほど低い土地から順番に浸水し、土砂が流れ込んだ形跡が残ったままでした。

阿蘇はまだ道路も寸断され、復興の目途が立たないとのことでしたが、龍田では日に日に支援の手が薄くなっている様子がうかがえました。

元の生活とまではまだまだ時間がかかるでしょうが、元の姿に戻るまでは支援を続ける必要があるなと感じました。

写真2

何よりも大切なことは風化させないことだと思います。

ひまわり薬局から車で20分程でした。

熊本市内ですのでぜひ自分で足を運んで自らの目に焼き付けてほしいなと感じました。

※画像をクリックすると拡大します。

戻る

|