スタッフの声

|

薬学夏の学校IN長崎に行きました!

[更新日] 2012-08-21

写真1

8/18-19で薬学夏の学校IN長崎が開催されました。熊本からは、奨学生3名と職員5名で参加しました。

記念講演「私の被爆体験」では、67年前の事を昨日のようにお話され、原爆と放射能の恐怖を感じました。

その後、徒歩で「原爆遺構めぐり」→「原爆資料館見学」となり、真夏の暑さにゲッソリしました。。。。。。

 

 

写真2

夜は「伊王島」へ移動してバーベキューを楽しみ、他県の奨学生と交流しました。

2日目は長崎大の先生より「「原子力」に頼らない社会を展望して」の講演が行われました。

原爆を投下され、福島原発事故が起きても、核を利用し続ける意味が私にはやはり理解できません。

今後も、民医連で一緒に活動する仲間には、核の恐ろしさや原発をなぜ利用するか本当の意味を一緒に学んでいきたいと思いました。

※画像をクリックすると拡大します。

戻る

|