スタッフの声

|

バイク

[更新日] 2013-02-06

写真1
福祉貸与の岡本です。
 
昨年9月から5年ほど前に妻に購入してやった、タイヤはひび割れ錆だらけのママチャリで通勤を始めました。 僕は、医事課の広瀬君と通勤方向が同じで、通勤が重なることがありましたが、彼の自転車は競技用みたいな凄くカッコいい物で、速く、毎回追い越され、悔しい思いをしていました。 通勤に時間もかかるので、250CCの黄色のバイクを買うことにしました。 バイクの名前は「グラストラッカー・ビックボーイ」そのネーミングに惚れ込み購入を決意し、「これで広瀬氏には負けない!」と思っていました。 いざ約20年ぶりにハンドルを握ると怖くてスピードが出せなく、健軍あたりで広瀬君にスイーと追い抜かれました。小さな彼の背中が大きく見えました。今は張り合う気は喪失し、ゆっくり楽しみながら、バイク通勤しています。

 

※画像をクリックすると拡大します。

戻る

|