薬学生の方へ

|

薬剤師研修制度概要

[更新日] 2011-04-20

初期研修

卒後1〜2年目までを対象とします。

−獲得目標−

●1年目

1)保険薬局の基本的な知識、技術を習得する。

2)民医連医療の基本的な考え方を学び、体験する。

3)診療圏域での医療連携を深め、医療スタッフの一員として患者の立場で考える視点を養う。

4)慢性疾患管理グループなどに加わり薬物療法を深める。

5)後半には一人勤務が出来るようになる。

●2年目

1)日常業務を中心的に実施でき、日常業務について新卒薬剤師の指導が出来る。

2)在宅医療や慢性疾患管理グループで薬剤師として役割を発揮出来る。

3)業務改善の提案や行事の企画、方針などを作れるようになる。

4)医療と薬を社会的側面から把握し、理解と実践が出来る。

 

中期研修

卒後3〜5年目までを対象とします。

−獲得目標−

●3年目

1)日常業務の中核となりチーム運営が出来る。

2)他科研修を経て薬物療法をさらに深く理解し、病気を「生活と労働の場から捉えることが出来るようになる。」 病院..........:クリニック及び他科研修 保険薬局......:病院研修

●4年目

1)異動を考慮する。

2)一人立ちを目標に、管理業務に取り組む 3)他県連研修も考慮する。

●5年目

1)ケアマネージャーの資格取得

戻る

|