よかったねファルマで 田口さん&西山さん対談
西山
田口さんは大学生の時から、民医連の奨学生だったよね。
田口
はい、奨学生の時からお世話になっていたので、会社の雰囲気も分かっていて安心感が有りました。
西山
私も田口さんのことは学生の時から知っていたから、国試に合格した時は本当に嬉しかったし、会社のみんなもとても喜んでいたのを覚えています。薬剤師として一緒に働くようになって、今ではすっかり頼りになる存在になっているけど、最初は不安なこともあったんじゃない?
田口
確かに、最初はちゃんと薬剤師として働けるのか不安はありました。でも、教育担当の先輩薬剤師さんがついてくれて、わからないことはすぐに相談できて、対応してもらえたので、安心して研修を行うことができました。
西山
歳が近い先輩薬剤師も多いから、色んなことを相談しやすいよね。
田口
教育担当の薬剤師さんと話しながら、毎月の研修スケジュールを決めていったので、スムーズに業務に慣れることが出来ました。2年目までは、年2回の研修委員会があって、同期の薬剤師と研修内容を報告し合う場になっています。他の職場の先輩たちからもこれから目指すべき方向を的確にアドバイスしてもらえました。
西山
同期の薬剤師の頑張りが分かると、いい刺激になるよね。
西山
普段は、どんな風に学習しているの?
田口
子育て中なので、なかなか時間が取れなくて。通勤時間を使って、新幹線の中でe-ラーニングで学習しています。土曜日は、子供を保育園に預けられるので、なるべく土曜日に開催される勉強会には参加するようにしています。
西山
e-ラーニングの費用も会社で負担してくれるから、薬剤師会の勉強会に行けなくても学習できるね。
田口
はい、とても助かっています。研修認定薬剤師もとることが出来ましたし、熊本地域糖尿病療養指導士の認定も取ることが出来ました。
西山
積極的に学習に取り組んで、よく頑張っているなと感心しています。
西山
実際に働き始めてから、会社とか薬局の雰囲気はどうですか?
田口
職員の皆さんが、患者様を第一に考えて働いているイメージ。仕事のことだけでなく、プライベートな相談でも何でも聞いてくれるような、とても優しく暖かい雰囲気だと感じています。
西山
子育てしながら仕事をするのは大変じゃない?
田口
子育てを経験されている先輩方がたくさんいらっしゃるので、相談にもたくさんのっていただけます。その点では不安になることもありませんでした。急なお休みにも嫌な顔せず対応してくださり、とても感謝しています。家族も協力してくれるので、助かっています。
西山
薬剤師として仕事をする中で、やりがいはどんな時に感じる?
田口
患者様に一包化の提案を行い、お薬がきちんと服用できるようになったと嬉しそうに報告してくださるときに、やりがいを感じます。
西山
患者さんのためにやったことに、反応が返ってくると嬉しいよね。
西山
プライベートでの楽しみは?
田口
子供と遊びに行くこと。それから、旦那さんが作ってくれるご飯です。今は育児時短がとれているので、家族との時間もゆっくりとれています。
西山
これから、どんな薬剤師になっていきたいと思う?
田口
患者様に、より信頼できる薬剤師を目指したいです。お薬のことだけなく、困っていることはなんでも相談できるような雰囲気作りを大切にしたいと思っています。