先輩からのメッセージ

健康共同ファルマでは経験豊かな先輩方のもと、楽しく学び成長できる機会があります。患者さんに寄り添い、笑顔で安心して健康を維持できるようにお手伝いできる―。

そのような薬剤師としてのやりがいを見出すことのできる職場です。

01

ISHIMINE KIICHI

石嶺 希一
PROFILE

2015年4月入職

沖縄県出身。徳島大学在学中に熊本県民医連奨学生となり、入職とともに熊本に移住。

学生時代はバレーボール部に所属。休日は家族との時間を大切にしている。

石嶺 希一

薬剤師としての成長の場は、
業務外にも用意されている。

健康共同ファルマでは様々な学びの機会があり、また費用においても補助がありますので、薬剤師として日々の業務以外での研修や学びに取り組みやすい環境が整っています。

例えば、現在私は副作用モニター員会という会に所属しています。副作用モニター員会では、他薬局の薬剤師だけでなく病院勤務の薬剤師さんと員会を構成しており、各院所で患者さんに発現した副作用についてまとめて報告しています。薬局、病院毎に患者様の疾患の特徴が異なり、取り扱う薬剤も違ったりしますので、他薬局、また病院での薬剤による副作用は薬剤の知識と注意すべき副作用についてさらに知識と観点を広げるよい機会となっております。

仕事と研究を両立できることが、
薬剤師としての理想。

また、入職3年目には病院での研修もさせていただきました。薬局では普段取り扱わない注射剤についての管理、払い出しの経験、また、電子カルテから普段薬局では得られない医師の主観、検査値などの情報をもとに看護師への情報共有、医師への薬の副作用の注意喚起、処方提案などの業務を学ぶ機会となりました。病院研修を通して調剤薬局では得られない経験をさせていただき、今後の業務においても薬剤師としての観点を改善する学びの機会となりました。

研修のみならず、学術発表の機会として年に1度「プチ学術集談会」という会があります。小規模ではありますが、薬局、病院薬剤師がともに集い、学会発表の機会となっています。発表に至るまでの準備、また実際の発表、質疑応答の経験をすることができ、私個人もこのプチ学術集談会で発表し、内容をさらに改善して全国規模の学会で発表する機会がありました。また、学会発表においても費用などの補助もありますので研究、発表に対しても取り組みやすい環境だと思います。

”学び”を会社が
後押ししてくれる。

日々の個人の学習においても、市薬剤師会や県薬剤師会が開催する研修会に参加したり、また時間が合わないときはe-ラーニングで学ぶことができています。薬剤師会会費、e-ラーニングにおいては法人が費用を補助してくれますので負担を感じずに学べる環境が整っております。

健康共同ファルマでは薬剤師として成長できる様々な機会が整っております。この環境を通して学習、成長し、さらに患者様に寄り添える薬剤師になっていければと思います。

1日のタイムスケジュール

6:30 起床
6:30 朝の準備
(食事、スケジュールの確認、学習等)
8:30 出勤
9:00 勤務
17:30 退勤
18:00 子どもとの時間
19:00 食事、入浴
20:30 子どもの寝かしつけ
21:00 個人学習、夫婦の会話
23:00 就寝